俳優の椎名桔平(55)と女優の山本未來(44)が25日に協議離婚したことを所属事務所を通じ26日、正式に発表した。2003年の結婚以来、16年間の夫婦生活にピリオドを打った。椎名の事務所によると数年前から話し合いを重ね、円満な形で離婚に至ったという。

【写真】椎名桔平、菅田将暉と笑顔で『3年A組』クランクアップ

 椎名と山本は文書を通じ、直筆の署名とともに連名で下記の通りコメントを発表した。

●椎名桔平・山本未來のコメント全文

ご報告

この度椎名桔平、山本未來は2019年10月25日に協議離婚しましたことをご報告させていただきます。

出会いから共に支え合い、同じ時を家族として過ごしてまいりましたが、数年前より双方の考え方や価値観に変化を感じてきたことにより多くの話し合いを重ねた結果、お互いのために別々の道を歩む決断を致しました。

今後も努力を重ね、精進して参る所存でございます。
温かく見守っていただけます様、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年10月26日

椎名桔平
山本未來


 2人は椎名が主演した1995年のテレビ朝日系ドラマ『BLACK OUT』での共演をきっかけに知り合い、約8年間の交際を経て03年に結婚。10年に第1子長男が誕生している。

 椎名は93年の映画『ヌードの夜』で注目を集め、99年、映画『金融腐食列島 呪縛』では第23回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。その後も『スパイ・ゾルゲ』『アウトレイジ』など多くの話題作に出演。現在は日本テレビ系ドラマ『同期のサクラ』のほか、園子温監督のNetflix映画『愛なき森で叫べ』にも出演している。

 山本はファッションデザイナーの山本寛斎氏を父にもち、92年の映画『喜多郎の十五少女漂流記』で女優デビュー。98年には香港映画『Who am I?/フー・アム・アイ?』に出演し、ジャッキー・チェンとの共演を果たす。今年はテレビ朝日系『特捜9』や7月期のフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』に出演していた。