ものまねタレントのりんごちゃんが、25日放送のニッポン放送『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』(後10:00)に出演。ラジオ初出演となった今回、パーソナリティーの松任谷由実、ゲストとして登場したラグビーW杯日本代表の堀江翔太選手に得意のものまねを披露した。

【写真】持ちネタで事故?太ももが耐えられず、足を伸ばして歌うりんごちゃん

 番組では、はじめに堀江選手が登場。ラグビー大好きなユーミンは堀江選手とはこの日が初対面で、自身が観戦したスコットランド戦の話など、ラグビーW杯の話をはじめとして「その髪型は作戦?」「奥さんとの出会いは?」など、ユーミンからのぶっちゃけ質問に対して、堀江選手も様々な裏話やエピソードを公開した。トーク終わりで、戦うラグビー選手を見守る女性の気持ちを歌った、1984年発売のユーミンの「ノーサイド」がオンエアされると、リスナーからは「イントロだけで泣けてくる」など多くの反響が寄せられた。

 続いて登場したりんごちゃんは早速、2人の前で「ミニミニものまねショー」を披露。大友康平、武田鉄矢といったレパートリーの数々に、ユーミンと堀江選手も大爆笑。「りんごちゃんのギャップがたまらなく面白い」という堀江選手に対して、りんごちゃんは「試合中の闘争心と、今目の前にいる普通のときの柔らかい感じがすごくいい空気です」とお互いのギャップを褒めあった。ユーミンも「時のいたずらとしか思えない! すてき!」というほどスタジオは大いに盛り上がった。

 番組は『radiko』のタイムフリー機能で、放送1週間後まで聞くことができる。