お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(56)が、ABCテレビ『探偵!ナイトスクープ』(毎週金曜 後11:17 ※関西地区)の3代目局長に就任することになり25日、大阪市福島区の同局から発表された。

【写真】3代目局長に就任したダウンタウン・松本人志

 先週18日の放送で2代目局長の俳優・西田敏行(71)が来月22日の放送分で降板するとことを発表していた。この日、西田ラスト出演となる11月22日放送の収録が行われ、2代目秘書を務めた岡部まり(59)、最高顧問席に作曲家のキダタロー氏(88)が座り、西田が初めて局長を務めた際の3ショットが再現された。

 この日のVTRが終わると西田は「大阪のエスプリあふれる番組のファンでした。このテイストを大事にしたいと局長になりましたが、あるときふと泣いちゃって、感動巨編的な内容が増えてきました。熱くてアホで、まっすぐな思いにたくさん笑い、泣きました。本当に幸せな時間でした。ありがとうございました」と視聴者とスタジオに来ていた観覧者に感謝。

 そして「3代目を託す人はこの人しかいません」と紹介し、松本が登場。出演した探偵らも知らされておらず、騒然となる中姿を見せた松本は「局長辞めないで感満載やん。大好きな番組なんで二つ返事で受けさせてもらったんですけど、後悔しかないわ」と笑わせた。

 同番組は1988(昭和63)年3月5日スタート。初代局長の上岡龍太郎さんの後を受け、2001(平成13)年1月26日放送分から、西田が2代目に就任。18年10ヶ月にわたり局長を務めこの日、松本にバトンを渡した。