健康的な美脚を持つ女性に贈られる『第17回 クラリーノ美脚大賞2019』表彰式が28日、都内で行われ、ティーン部門を高橋ひかる(18)、20代部門を山本美月(28)、30代部門を榮倉奈々(31)、オーバーフォーティー部門を木村多江(48)がそれぞれ受賞。体調不良のため、休業中の高橋を除く、3人は授賞式で豪華な美脚共演を果たした。

【動画】スタイル抜群!超ミニワンピで美脚を披露した山本美月

 サーモンピンクの超ミニ丈ワンピで登場した山本は「すごくうれしいです。今年は、この賞を受賞する前にジーンズの賞(ベストジーニスト賞)も受賞させていただいた。なんだか令和は足の年になったなと思いました」と笑顔を見せた。2ヶ所のジムを使い分け、トレーニングをしているそう。「いつか30代部門も受賞できるようにコツコツ頑張って行きたいと思います」と2度目の受賞に決意表明した。

 タイツ姿のブラックコーデの榮倉は「華やかな場に来られて、ドレスを着るのがとても久しぶりだったので朝からうれしかったです」と微笑んだ。脚の手入れについては「美脚のためというよりは、今は専ら健康のためにパーソナルトレーニングを続けている。ヨガを取り入れたり、酵素風呂に入ったりとか。健康のために追われる日々です」と話す。毎日8000歩歩くそうで「普段はスニーカーでガシガシ歩いてます」とチャーミングな笑顔を見せた。

 白いワンピース姿の木村は美脚大賞受賞について「先ほどの2人のようなモデルさんのようなスタイルではない。いたって普通の体型で、脚にコンプレックスを持っていた私が、このようなステキな賞をいただけて恐縮…。でも、頑張ってきてよかった」と頬を緩ませた。司会から美脚を褒められると「すみません…」と照れる一幕も。常にマッサージ器を持ち歩き、美脚になるように心掛けているそう。ただ、「役によって体型や筋肉のつけ方を変えている。あと何週間後かにアクションがあるので鍛えている最中です」と脚のケアについて言及していた。

 また、残念ながら欠席となったが高橋はコメントを寄せ「この度、美脚大賞という素晴らしい賞をいただくことができ、心からうれしく思います。中学生のころから脚のマッサージをしたり、ケアを頑張ってきた。こうして賞をいただくことができて幸せです。すごく楽しみにしていたので登壇できずに、とても残念です。今後、活動を再開させていただいた後に、この賞に見合うような女性になれるよう、より一層、努力していきます」とメッセージを送った。

 同賞は、2003年より毎年開催。これまでに広末涼子、長澤まさみ、上戸彩、武井咲、有村架純らが受賞している。