小説『ぼくらの七日間戦争』のアニメ映画版『ぼくらの7日間戦争』(12月13日公開)の追加キャストが25日、発表された。宮本充、関智一、中尾隆聖が出演。あわせて、新規場面写真も公開となった。

【画像20枚】新規場面カットがズラリ

 同作は、いつもひとりで本ばかり読んでいる主人公・鈴原守は、幼なじみの千代野綾に片思いしていた。しかし、綾は一週間後に、父親の都合で東京へ引っ越すことになり、「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかったな」という綾の本音を聴き、守は「逃げましょう」と彼女に告げる。そして仲間たちまでもがこの逃避行に加わるというストーリー。

 原作小説は、少年少女の小さな反抗が、大人や社会を動かして行き、仲間とともに戦うストーリーだが、今回のアニメ映画版は2020年を舞台に7日間、大人から隠れるだけのバースデー・キャンプという少年少女たちの精いっぱいの反抗が描かれる。

 綾の親友・香織の父役を宮本充、主人公たちが立てこもる廃工場に突入しようとする入国管理官役を関智一、権力を笠に着た大物政治家役を中尾隆聖が担当する。