俳優の高杉真宙が26日、都内で行われた、『映画 超・少年探偵団 NEO-Beginning- 公開記念舞台挨拶』に登壇。自身の“ダークサイドな一面”に「部屋から出ないところ」と答えるも、共演者一同に「ノーマル」と野次られ、「これ以上のダークないですよ」と困惑していた。

【動画】高杉真宙、ダークサイドな一面告白「昔からサボり上手で」

 この日は他にも主人公の幼馴染であるワタリを演じた佐野岳、明智小夜を演じた堀田真由、ミステリー同好会のメンバーを演じた長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎、芦塚慎太郎監督が登壇。このメンバーが揃うのは久しぶりのことで、高杉は「同窓会みたい」と再会を喜んだ。

 MCから“ダークサイドな一面”について聞かれると、高杉に代わり前田が「真宙くんは本当にいい子なんです。そんな一面ないですし、あっても聞きたくないです」と回答。これに高杉は「何目線なの!?」とツッコミを入れるなど、キャスト陣の仲の良さが伺える場面も。

 全員が回答した後にもう一度答えることになった高杉は、順番が近づくにつれ落ち着かない様子を見せ、佐野からは「真宙っちがさっきからずっとソワソワしてんの」とイジられる。最終的には「昔からサボり上手で、2人の弟に家事をさせてました」と告白。これに対し佐野が「俺逆にすぐバレるんだよね。真宙っちそういうタイプかぁ」と悔しそうに返した。

 本作は25日より新宿バルト9、渋谷TOEIほか全国で順次公開されている。