俳優の桐谷健太が出演する26日放送のTBS系金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』(毎週金曜 後10:00)第3話に俳優・佐藤隆太が登場。2人が本格的に共演を果たすのは『ROOKIES』以来、約10年ぶりで、これに先駆け番組公式インスタには2人並んだ写真が掲載された。“川藤”と“平っち”を思い出させる懐かし2ショットが実現した。

【写真】癒やしショット…”4マリ”出演犬と戯れる福士蒼汰

 ドラマは、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエ氏による原作漫画を実写化。福士演じる手を重ねた人の「死の運命」が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことと、菜々緒演じる命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。

 第3話ではみことの兄・廉(桐谷)の幼なじみで、みことにとっても良き理解者であるフリーカメラマン・青葉広洋(佐藤)が帰国し、みことたちと数年ぶりに再会する。次の出国までの数日間、広洋は花巻家で暮らすことになるのだが、広洋は、沙羅の「世界を見てみたい」という言葉を聞いて、彼女をアシスタントとして海外へ連れ出そうとする。

 今作への出演決定時、佐藤も「健ちゃんとこうしてまた一緒に作品づくりをできることが純粋にうれしい」と再共演への期待を語り、合間には以前と変わらずくだらない話で盛り上がっていることを明かしていた。あれから10年が経ち、俳優としての深みも増した桐谷と佐藤の“親友役”での再共演に期待が高まる。また桐谷の弟役を演じる横浜流星も小学生の時に『ROOKIES』の大ファンだったといい、桐谷と佐藤の2人と共演できる“キセキ”に感激しているという。

 さらに3話のゲストとして、桐谷が演じていた“平っち”とコンビを組んでいた今岡役の尾上寛之も出演しており『ROOKIES』ファンにはたまらない回となりそうだ。