映画『CURE』『散歩する侵略者』など独自の作風から国内外で高い評価を得ている黒沢清監督が、主演に蒼井優を迎えて、自身初となる8K・スーパーハイビジョン撮影の特集ドラマ『スパイの妻』を制作することが決定。2020年春放送予定。

【写真】山ちゃんとの結婚祝福され笑顔の蒼井優

 脚本は、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に自作の『寝ても覚めても』が正式出品された映画監督の濱口竜介氏が、野原位氏、黒沢監督とともに担当する。

 1940年、神戸。時代の不穏な空気を感じ取っていた貿易商の男は、妻を残し満洲へ赴く。 男はそこで偶然目にしてしまった世にも恐ろしいできごとを、世界に知らしめなければならないと心を決め、行動に移そうとする。その夫の意志を知った妻は、彼の身の安全と2人の幸せのため、これを阻もうとするが...。戦争という時代の大きなうねりに翻弄されながらも、自らの信念と愛を貫き通そうとする女性の姿を描く、究極のラブ・サスペンス。

 蒼井は「黒沢監督と組ませていただくのは今回で3度目ですが、主演は初めてなので、とてもうれしいです。そして、濱口竜介さんたちの書かれた言葉が、映像ではあまり挑戦したことないタイプの口語なので、どういうリズムになるのか、また力のあるキャストの皆さんとどういう芝居になっていくのか楽しみです」と、コメント。

 黒沢清監督は「古典と言っていい戦時下のサスペンスを最新のデジタル映像で物語ってみる、そんなチャンスが私に訪れたことを大いに喜んでいます。しかも主演は蒼井優さん。彼女なら、歴史的であり同時に最先端でもある風景の中に、何の矛盾もなく存在してくれることでしょう」と、信頼を寄せている。