お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が25日、、東京・下北沢本多劇場で行われたジャニーズJr.のグループ・宇宙Sixの山本亮太主演による舞台『相対的浮世絵』フォトコール後囲み取材に出席した。“浮世絵”にちなみ“浮世離れした”金額を申告漏れしたチュート徳井義実の話題を振られた石田だったが、共演の伊礼彼方がクイズの回答に使うオモチャを報道陣に向けすぐさまガード。「ブー」の音ともに遮ると石田は「すごい守護神がいる!」と苦笑した。

【集合ショット】山本亮太、伊礼彼方、石田明、山西惇ら豪華キャスト陣が登場!

 実はこのオモチャは山本の私物だといい、「プライベートで。こうやって伊礼さんに使ってもらえるかなと思って置いといたら伊礼さんが『それいいじゃん』って…」とまさかの大活躍に驚き。和やかな雰囲気のまま、取り直すと石田は「この物語もそうですけど生きていたら許してもらうチャンスがあるとか。とりかえしのつく方向にもっていけるというお話なので、そういう感覚です。やってしまったことは仕方ないので、これからどれだけ取り返していけるか」と持論を述べた。

 徳井とは直接連絡をとっていないそうだが、芸人仲間の間では「『なんであんなことになったんやろね』みたいな話はしてますね」と明かせば、年長者である共演の山西惇は舞台に話題を引き戻すと「台本は読んだだけで面白いので、台本通りにやれば笑いはとれる。“過少申告”しないように!」と最後はしっかりまとめていた。

 人生の曲がり角にさしかかり、それぞれにややこしい問題を抱えてしまっている岬智朗(伊礼)と高校時代の同級生・関守(石田)。2人の前に15年前、高校生のとき事故で死んだはずの智朗の弟・達郎(山本)と同級生の遠山大介(玉置)が突然現れ、手を差し伸べる…といったあらすじのヒューマン・コメディ。このほか玉置玲央、演出の青木豪らも登壇した。