タレントの板尾創路が、11月9日放送のフジテレビ系『世にも奇妙な物語’19秋の特別編』(後9:00~11:10)内のオリジナルストーリー「ソロキャンプ」で、同シリーズ初主演を果たすことがわかった。

【場面カット】暗闇の中で不安げな表情を浮かべる板尾創路

 2015年4月放送の『世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春〜人気マンガ家競演編〜』の「蟲たちの家」に出演して以来、同シリーズへの出演は4年半ぶり。今作は、板尾演じる主人公の藤原丈人が、大きな仕事を終えると必ず一人で向かうキャンプからストーリーが展開。一人キャンプ=ソロキャンプは仕事であった嫌なことなどをすべて忘れ、自分とまっすぐ向き合える貴重な時間だという藤原を、不思議と恐怖に満ちた一夜が襲う。

 板尾は、台本を読んだ時の感想を「『世にも奇妙な物語』の基本とも言える怖い話で、王道だなと。それで『いいな』『やりたいな』とすぐに思いました」と告白。「夜の山の中で、こんな人が今いるとおかしいよなという違和感が、ピリピリした緊張感に変わり、やがて恐怖に変化するところ。これらのやりとりが、幻想的な映像で表現されていたら、いい作品になるんじゃないかなと思います」とアピールした。

 ホラーは好きだといい「芸人なんで、笑いを追求しますが、恐怖・狂気は対極にあるようで、実は紙一重なものだと思っています。驚くとか絶叫するような演技も、割りと好きですが、やりすぎたら滑稽になるので、微妙なさじ加減を探りながら演じました」とコメント。「自信を持っておすすめできます。これぞ『世にも奇妙な物語』! みなさんを裏切らない作品になった」と太鼓判を押している。