お笑いコンビのどぶろっくが、あす25日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演。コント日本一を決める『キングオブコント2019』では、得意の下ネタを織り込んだ歌ネタで見事に優勝を果たした2人だが、芸風と異なる“超ネガティブ”な一面が明らかになる。

【写真】「ハシゴ酒」にはカリスマホストのROLANDも出演

 坂上忍から「どぶろっくの歌ネタは有名だけど、トーク番組に出ているイメージがないよね」と聞かれると、そろって「僕らはあまりトークが得意じゃない」と告白。『人志松本のすべらない話』に出演したことがない2人に、松本人志が「人は誰でも“すべらない話”を持っているものだよ」と呼びかけると、坂上も「あるんじゃないの?」と追及。芸人になったきっかけはダウンタウンだという2人は、憧れの人を前に言葉に詰まるが、江口直人が絞り出した答えに、一同が笑う。

 また、事務所の先輩であるずんの飯尾和樹が、江口がかなりのネガティブ思考であることを暴露すると、江口の相方・森慎太郎も「(江口は)テレビ収録がうまくいっても、その後に落ち込むことがある」と明かす。その場でなんとか励ますものの、家に帰った後も、夜中に江口から電話がかかってくるが、最終的にあることを言うとスッキリするそうで、その内容に全員が「最低だよ!」とツッコミを入れる。

 「ハシゴ酒」にはそのほか、カリスマホストのROLANDも出演する。