新作アニメPV『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』が24日、都内で行われた「TAMASHII NATION 2019」オープニングセレモニーで解禁された。主人公・ワタルの姿とともに、謎に包まれていた6体の魔神の姿がお披露目となった。

【集合ショット】展示された巨大フィギュアと記念撮影するカンニング竹山ら

 今月16日にアニメ『魔神英雄伝ワタル』の新プロジェクトが始動したとともに発表されていた新作アニメPV。同時に公開されたティザーサイトで「2020年春 新たな冒険が始まる!『TAMASHII NATION 2019』で新情報公開!」とし「新作アニメPV公開&新作映像に登場する魔神を一挙展示!」と伝えられると、ネット上で話題となりツイッターでトレンド入りするなど話題となっていた。

 内容はネタバレになるため詳細は控えるが主人公・ワタルの姿はもちろん、先日、公開されたビジュアルで黒のシルエットにより謎に包まれていた6体の魔神の姿が公開。アニメのオープニング曲「STEP」が流れていた。

 また、謎の6体の魔神のうち2体は龍神丸によく似た魔神「龍蒼丸」、背中の刀で目にもとまらぬ剣撃を繰り出す「龍戦丸」と明かされた。PV含め詳細は、秋葉原UDXとベルサール秋葉原の2会場で25日から27日まで開催される大人向けコレクターズ商品の統一ブランドである“TAMASHII NATION”のイベント『TAMASHII NATION 2019』で自らの目で確かめてほしい。

 『魔神英雄伝ワタル』は、主人公・小学4年生のワタルがある日、異世界・創界山へ召還され“救世主”にされてしまう。美しかった創界山は、悪の帝王ドアクダーによって見る影も無くなり、創界山の虹に色を取り戻す旅に出発する。仲間とともに苦難を乗り越え、ワタルが本物の救世主として成長して行くストーリーで、ロボットアニメとRPGゲームを融合させた作品。1988年4月から1989年3月まで日本テレビにて放送された。

(c)1984 BIGWEST (c)サンライズ・R