タレントの上沼恵美子と俳優の坂上忍がこのほど、フジテレビ系特別番組『上沼恵美子×坂上忍の東西べしゃり歌合戦』(11月1日 後7:00)の収録後囲み取材に出席。東京での収録に上沼は「アウェイな感じします」とするも「今は大阪も東京も関係なく距離が縮まっています。でもね、難しいんですけどコンプライアンスとかでしゃべりにくくなりました。思っていることの10分の1も話してないですよ」と司会業を通して感じる時代の変化を口にした。

【写真】MCを務める坂上忍とニッコリ2ショットを披露

 上沼と坂上がMCとしてゴールデン帯で初めてタッグを組んだ同番組は、今年話題を集めた芸能人が東西にチーム分けをし、トークと歌合戦を披露。ゲストとして、ゴールデンボンバー、純烈、原田龍二、EXIT、りんごちゃんらが出演する。

 印象に残ったゲストを聞かれた上沼は「やっぱりゴールデンボンバーだなあと。至近距離で初めて見させてもらって、さすがのコンサートでした。愛されているんだと感じました」と言い、自身については「余命何ヶ月というわけではないですけど、芸能界のラストステージに上がった気がする。今後は東京にも来たいと思っております」と東京での活動にも意欲を見せた。

 坂上は「上沼さんが東京に来てくださると思っていなかったので、スタッフさんも出演者も緊張感が全く違った。それはすごく良いことだと思います」と上沼の存在の大きさを語り「バラエティーのいろはを教えてくださったのは上沼さんの番組なので、まさか隣に立たせていただく日がくるとも思っていなかったので、ありがたかったです」と感謝していた。上沼は坂上とのタッグについて「尊敬しているし大好きです。『バイキング』も拝見しております」と笑顔で話していた。