16人組ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが24日、東京・よみうりランドでイルミネーション『ジュエルミネーション』の点灯式に参加した。

【動画】ファン熱狂!RAMPAGEメンバーが公開“胸キュン”告白

 イベントにちなみ、ゲストの吉田沙保里をイルミネーションデートに誘う“告白対決”が行われ、長谷川慎、神谷健太、浦川翔平、鈴木昂秀の4人が胸キュンワードを連発。長谷川が「沙保里の嫌いなジェットコースターとお化け屋敷も俺がついててあげるから、一緒に行こ」と甘い声でささやき、吉田の肩を抱き寄せると、ファンからは悲鳴にも似た歓声が沸き起こった。

 一番良かったメンバーを聞かれた吉田は「迷ったんですけど、長谷川さんです。沙保里って呼び捨てで呼んでくれたのでキュンとしました」と照れ笑い。長谷川は「よしっ!!」とうれしさを爆発させた。

 点灯式では、登壇者全員で10秒前からカウントダウン。高さ25メートルのイルミネーションが点灯すると、川村壱馬は「こういう非現実的な世界観が大好きなのでテンション上がってます」と大興奮。武知海青は「プライベートでメンバーとゆっくり見たいです」と答えると、ファンから「かわいいー!」と黄色い声援が飛び交った。

 30日発売の2ndアルバム『THE RIOT』に収録されている新曲「Move the World」が今シーズンの『ジュエルミネーション』テーマソングに起用。吉野北人は「こんなにも素晴らしい空間の中で、僕たちの音楽がテーマソングとして流れることを光栄に思います」と感謝した。

 今年で10周年を迎える『ジュエルネーション』は、世界初の宝石色をイメージしたLEDを使ったイルミネーション。ギリシャ神話の世界「ジュエリー・オリンポス」をテーマに過去最多の650万球を用い、幻想的な12の新エリアが登場する。