俳優の高橋英樹(75)、フリーアナウンサーの高橋真麻(38)親子が24日、都内で行われたスマート集音器『Olive Smart Ear』日本発売イベントに出席。一部メディアで“二世帯同居開始”を報じられていたが、この日の取材で「4人で住んでる?」との質問を受けると、真麻が「そうです」と認めた。

【全身ショット】グリーンのロングワンピで登場した高橋真麻

 続けて「それぞれが仕事をしてるので、シェアハウスという感覚。よく言う“マスオさん”的な感じでもない」と真麻。「それぞれのプライベート空間も守られてるし、程よくいい距離感です」と明かし「(夫は)あまり高橋英樹を高橋英樹と思ってない。あくまで奥さんのお父さんという感覚。非常にフラットです」と、新生活も順風満帆のようだ。

 父・英樹も「いろいろと便利だからということです」と笑顔で説明。報道陣から「さぞ大きいお宅だと思いますが…」と振られると「大きいことは大きいけど、その分、お互いのプライバシーを守れる」と白い歯を見せていた。

 同日より国内予約販売を開始した同商品は、スマートフォンとの連動で自動イコライジングが可能。ワイヤレスイヤホンと変わらないスタイリッシュなデザインであることに加えて、音楽再生機能や通話機能などを採用している。

 発売決定を記念して真麻が「聞き上手代表」として「ミスSmart Ear」に就任し、今後の普及活動に尽力していく。大役を任され「聞き上手として選んでいただいたのは、アナウンサー冥利に尽きます」と喜ぶと、英樹も「聞き上手だと思います。相手の心の中に入っていくのが、とても上手だと思います」と太鼓判を押していた。