俳優でシンガー・ソングライターの福山雅治が、28日放送のフジテレビ系バラエティー番組『痛快TV スカッとジャパン』(毎週月曜 後8:00)に出演。番組オリジナルキャラクターのイケメン救世主“宇賀神圭吾”として、2年ぶりにさまざまなシチュエーションで神対応を連発する。

【番組カット】猫を抱いて笑顔を見せる福山雅治

 福山が演じるのはビジネスマン・宇賀神圭吾。常にカッチリとしたスーツを着こなし、髪もキッチリ整っていて、見た目はまさに仕事のできる“ビジネスマン”そのもの。そんな“宇賀神”が今回も3作品(OL、妊婦、迷子の女の子)で困っている人たちのピンチを救うため、スカッと走り、難題を華麗に解決する。

 ショートドラマを見ていたスタジオでは、格好良くトラブルを解決する福山にうっとりしつつも、なぜか随所で笑いが起こる。すべて視聴者からの投稿を再現しているため、福山ならではの演出はないと改めて説明。そもそも“宇賀神”は一体何の仕事をしているのかなど疑問も飛び出すが、司会の内村光良から「通りすがりの男性、宇賀神圭吾」と説明され、さらに福山自身がこの役をどう思っているかなどが語られる。

 スタジオゲストの戸田恵子は、ドラマの感想を聞かれ笑いが止まらない様子だったが、福山を大絶賛。三田寛子は「スカッとジャパンでしか見られない」と言い、さらに福山を呼ぶセリフにモノ申す場面も。新木優子は「福山さんがやるから現実味がなくなって、ドラマみたいに見えちゃう」と語った。さらに、内村がこのドラマの撮影当日に起こったとある“奇跡”を紹介。スタジオからは「さすがスター!」と一同驚きを隠せない様子だった。