女優の松本穂香が23日、都内で行われた映画『わたしは光をにぎっている』(11月15日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

【集合写真】舞台あいさつには渡辺大知や徳永えりも登壇

 同映画は、メガホンをとった中川龍太郎監督が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語るように、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描く。

 主人公・澪を演じた松本は「私もあまり器用ではないので、脚本を読んでいても刺さってくるものがあったりした。監督はそういうところもあって澪を演じさせてくれたのかな」と語ると、中川監督は「松本さんの存在感がいやらしくない。自意識が映りすぎないところが素晴らしい」と賛辞を送った。

 改めて完成の手応えを問われると「客観的に自分の出ている映画を見る経験がなかなかない。新鮮な気持ちで見られました。この映画に出られてよかったな、いろんな人に愛されてるなという気持ちになりました」とほほ笑み、観客に向けて「生きづらい世の中になってしまっているかなと思いますが、誰にでも居場所はあると思いますし、この映画の中にすてきな光がちりばめられています」と呼びかけていた。

 舞台あいさつにはそのほか、渡辺大知、徳永えり、光石研が出席した。