NHK総合で放送された『サギデカ』(8月31日~9月28日、全5回)が、放送批評懇談会が選定する「2019年9月度ギャラクシー賞月間賞」を受賞した。同時に今年度の「第57回ギャラクシー賞」ノミネート作品として、今後の選考対象となる。

【写真】一緒に受賞した『だから私は推しました』の桜井ユキ

 ギャラクシー賞月間賞を受賞している『透明なゆりかご』(NHK/2018年9月度)、『きのう何食べた?』(テレビ東京/19年7月度)を手掛けた安達奈緒子氏によるオリジナルの脚本。警視庁捜査二課の女性刑事が特殊詐欺グループの摘発に心血を注ぐ姿を描いた社会派ドラマで、主人公の今宮夏蓮を木村文乃が演じた。

 選評は「詐欺を追う刑事、詐欺の末端のかけ子、詐欺集団の上層部、そして詐欺被害者、さまざまな視点から描くことで、詐欺が生まれてしまう社会の問題点や構造が明らかになっていた。主人公の共感能力の強すぎるキャラクターは、刑事としては弱点かもしれないが、人間をひとくくりにせず、一人ひとりに『顔がある』ということに立ち返らせてくれた」というもの。

 同ドラマは、文化庁芸術祭に出品され(第1回・第4回・最終回)、それに伴い、11月に総合テレビで全話再放送される。

 なお、「2019年9月度ギャラクシー賞月間賞」はほかに、NHK総合のよるドラ『だから私は推しました』(7月27日~9月14日、全8回)、読売テレビのNNNドキュメント’19『大胡田家の風景~全盲の夫婦が見つけた家族のかたち~』(9月15 日)、TBSの『V6の愛なんだ』(9月23日)が受賞した。

■『サギデカ』放送情報(再放送)
第1回「名前のない男」:11月4日 後3:05
第2回「流転する老人たち」:11月4日 後3:54
第3回「掌中の娘」:11月4日 後4:43
第4回「金と命」:11月9日 後3:50
最終回「信じるもの」:11月9日 後4:39