阿部寛が主演する関西テレビ制作のドラマ『まだ結婚できない男』が火曜9時枠のドラマでは2年半ぶりの視聴率2桁スタートを切り、Twitterでも世界トレンド1位に。22日に放送された第3話も平均視聴率を2桁で保っている。今クールは『ドクターX』 『時効警察』『孤独のグルメ』など続編ドラマが目白押し。だが続編といえば批判も絶えずついて回り、基本的に1作目を上回るほどの大成功は難しいとされている。そんな続編成功のカギはどこにあるのか?

【写真】違いがわかる?前作・『結婚できない男』桑野の“自己陶酔型”指揮が変化

■今期は続編が群雄割拠 表出したのは「パート1を上回る続編」の稀有さ

 2019年秋クールのドラマを見てみると、続編作品としては『まだ結婚できない男』のほか、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』に始まり、『科捜研の女』、『相棒』、『時効警察はじめました』(すべてテレビ朝日系)や『孤独のグルメ』(テレビ東京系)などが挙げられる。『ドクターX』や『科捜研の女』、『相棒』はもはや人気シリーズで、そんな意味でもテレ朝らしい続編の作られ方をしている。だが、『時効警察』にいたってはパート2の終了から続編が待ち望まれていた作品。殺人など凶悪犯罪の公訴時効の廃止や延長を盛り込んだ改正刑事訴訟法が2010年に施行されて時効が撤廃になるなどの社会的変化や、局内での諸処の事情によって企画が浮かんでは消えしていたが、満を持しての復活となった。

 昨今ではネットの普及により、視聴者たちの「その後」議論が地域や世代を横断して活性化。さらにいつまでも続編が作られないことで長期化する傾向が見られ、さらには「続編はまだか」という声もネットで顕在化するようになった。そうしたなかでの続編の成功例としては木村拓哉の『HERO』があり、視聴率こそ平均視聴率34.3%を記録するパート1には及ぼないものの、テレビの視聴率低下が叫ばれ20%超えドラマがほぼないなかで、平均視聴率21.3%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)した。

 「人気だったから続編という流れは過去からありましたが、最近はタイムシフト視聴率(7日間・168時間内の視聴率)が出てきたり、動画配信サービスの台頭など視聴環境や指標が変わってきている、今ならではの事情もある」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。「過去にも続編成功作では『踊る大捜査線』(フジ系)や『ホタルノヒカリ』。『ごくせん』(共に日本テレビ系)や『トリック』(テレ朝系)、『勇者ヨシヒコ』(テレビ東京系)などがある。だが時間を経ての続編は高騰した俳優のギャラやスケジュールなど多くの問題があり、制作側がやりたくても出来ないことが多かった。ですが視聴環境や指標の変化、またSNSの盛り上がりで火がつく過去例(『あなたの番です』(日テレ系))などがあり、違うアプローチでの制作が出来るようになった」(同氏)

■『まだ結婚できない男』に見る「描かれてない期間を想像させる仕掛け」

 こうして過去10年近く続編のなかった人気作の“その後”を描いたドラマが登場し始めているが、時間が経過している分、このパターンで重要になるのは「パート1を好きだった人に10年分の懐かしさを感じさせる作りや、パート1とパート2の間、描かれていない「間」や「変化」を想像させる演出」と衣輪氏。

 『まだ結婚できない男』の前作『結婚できない男』は2006年7月~9月に阿部寛主演で放送され、平均視聴率17.1%を記録。“40歳独身男の本音さく裂ドラマ”とも言われ、阿部演じる桑野が毎回、一人で豪勢な食事をとるシーンが話題になり、「一人○○」という行動を世に広めた先駆者といわれた。

 それから13年。『まだ結婚できない男』では劇中でも13年が経過しており、その長い期間に何があったのかを“匂わせる”脚本に。例えば、桑野は大の犬嫌いだったのに自らペットショップに入り、そこで前作でも登場した犬種のパグに遭遇するエピソードや、女性や体型など属性への言動でのコメントを辞め、表情や間合いでバカにするだけに。そこには少しだけだが本人なりの成長が見られ、さらには婚活経験を「なかった」ことにはしておらず、相手の女医さんとの話が出るとしょぼんとする部分も描かれていた。

 つまり、偏屈ぶりに磨きのかかった“結婚できない男”という「前作でファンが楽しんだ姿」と、ハッピーエンド調への「モヤモヤ感」をくみ取った脚本。挙げていくとまずパート1では桑野は、独身という事実を楽しむ、「堂々としすぎた」姿勢を保持。「結婚できない」と言われても「結婚できないのではなく、結婚しない」を主張。結婚により「妻と子供と住宅ローンの三大不良債権を背負わされる」と発言。高級マンションに住み、“高身長・高学歴・高収入”というハイスペックを自覚、自賛していた。


■10年経っても“根は同じ”『時効警察』と『まだ結婚できない男』の微々たる成長 パート2開始までに起きた「変化」としては40歳独身男→53歳独身男への成長(人生百年時代での折り返し=50歳を超えたと発言)。「お一人様」独り暮らしを謳歌。一人焼肉、完璧な料理、こだわりの趣味に満足は変わらず。最新機器を取りそろえ、おひとり様ライフはさらに充実。「お一人様」活動が一人しゃぶしゃぶ、一人流しそうめんへ変化しており、若干の加齢(?)が見られるのもユニーク。結婚概念の批判、既婚者否定は、「結婚の有無に問われず人生を楽しむ権利がある」へ変化。仕事でも彼の建築テーマは人生百年時代で「セカンドステージが幸せかどうか」が焦点になっている。

 ちなみに『帰ってきた時効警察』も劇中でリアルタイムと同じ12年が経過しており、三日月(麻生久美子)が結婚・離婚を経験したことなど、ここでもドラマが描いてない“間”を視聴者に「想像させる」楽しみを与えていた。「昔のドラマ続編と違い、かなり長い期間が描かれていないからこそ、この想像の部分が以前よりも重要となる」(衣輪氏)

 『まだ結婚できない男』に関して言えば、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』でも「秋ドラマ期待度ランキング」1位を獲得しており、TwitterをはじめとするSNSでの盛り上がりを見ると、その期待度に応えた形となった。豪雨のニュースや、バレーボール中継の延長で放送時間が左右されることもありつつも、22日に放送された第3話の平均視聴率は10・0%と、二桁台の視聴率を保っている。

■なんとなく年輪を感じさせる ドラマの「余白」 「続編不可」のドラマにも新たな可能性が

 『まだ結婚できない男』の演出を見ると、人気脚本家の尾崎将也氏の手腕と阿部寛のアドリブ力も功を奏している。公式ホームページに寄せられた阿部のインタビューによれば、尾崎氏の脚本は「波と波の間は自由に発想させてもらえる、遊びがあるんです」と阿部。ORICON NEWSによるインタビューでも阿部は桑野の趣味のひとりオーケストラ指揮について「実は進化しています(笑)。13年前はひたすら自分に酔った指揮をしていたけど今は違う。オーケストラを誘っているんです」と阿部自身が桑野の“空白”を埋めたことが明かしている。

 またAmazon Prime VideoやTver普及でパート1まで遡って見やすくなった環境により、パート2制作陣は、パート1のセットをオマージュすることで、パート1での設定や演出に「含み」を持たせることに成功。パート2からの新規視聴者がパート1を初めて観る場合も、ドラマが描いていない“間”を視聴者に「想像」させる仕掛けが施されている。

 「繰り返しますが、タイムシフト視聴率、動画配信サービスの台頭など視聴環境や指標が変わってきている今ならではの事情で、10年以上前の作品の続編を作りやすい環境になった。今後、そんな10年近く前の人気作がどんどん登場するかもしれない。そうなったとき、『まだ結婚できない男』の“間”の“想像”の仕掛けは、今後のプロトタイプになるかもしれない」と衣輪氏。『まだ結婚できない男』はこの傾向の試金石となるか。今後の放送も楽しみだ。

(文/中野ナガ)