女優の夏帆が16日、都内で行われた映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の公開記念舞台あいさつに出席。サプライズで箱田優子監督から感謝の手紙が贈られると「お手紙でいろんなことを思い出しました。お仕事をしていくなかで箱田さんとの出会いは大事なものになりました」と感激し、思わず流れた涙を拭った夏帆は「泣いてねぇよ!」と強がりながら、熱い抱擁を交わした。

【写真】監督からの手紙に涙…ステージ上でハグをする満面の笑みの夏帆

 箱田監督の初監督作となる同映画は、東京でCMディレクターとして働き、都会生活で心がすさんだ30歳の女性・砂田(夏帆)が、親友・清浦(シム・ウンギョン)を伴って大嫌いな地元に帰る姿を描く。

 無事に封切りを迎え、夏帆は「皆さんに早く観ていただきたいと思っていたので、うれしくもあり、寂しくもある。複雑な気持ちです」と心境を明かしながら「10代の頃からこの仕事をしていたけど(同作への出演は)私のキャリアの中でも意味のあることでした。頑張っていれば、こういう作品に出られるんだなと思いました」と感無量の表情。

 また、反響を問われると「ちょこちょこ頂いています」とうれしそうに語り「『あ、この役は夏帆にしか演じられない。等身大のそのままの夏帆が出てるね』と身近な友だちに言ってもらえた。私のことをよく知る友だちが言うから本当にそうなんだと思います」と笑顔で話していた。

 舞台あいさつにはそのほか、黒田大輔が出席し、欠席したウンギョンからコメントが到着。劇中でウンギョンと親友を演じた夏帆は「本当に素晴らしく、才能豊かな女優さん。それでいてストイックな方でした」と羨望の眼差しで語っていた。