ジャニーズJr.内グループ・宇宙Sixの江田剛が16日、東京・三越劇場で上演される舞台『ザ・フォーリナー』ゲネプロ前囲み取材に出席した。グループでは今年、メンバーの舞台単独初主演が続いており、そのトリを飾ることとなった江田。「宇宙Sixとしては最後を飾れるように派手に盛り上げたい」とやる気十分。また、カメラに向け「メンバーのみなさん、ぜひ、みんな来てください!」と茶目っ気たっぷりに呼びかけた。

【集合ショット】高田翔、清水順二、徳山秀典ら豪華キャスト陣登場!

 意気込みに燃える一方でキャストから「座長!」と呼ばれると「(立ち位置)0番でしゃべらせてもらうことがあまりないので、すごく緊張しながら…みんなの愛を感じながらしゃべってます」と恥ずかしそう。「ただずっと(舞台上に)いるので、それが初体験。座長ってこういうことかって」としみじみ。共演の清水順二から「前に立てばいいんだよ」と押し出されるも「みんなの作品だから!」と横並びに戻り謙虚な姿勢をみせた。

 以前の公開ゲネプロ後の会見では“せりふ変態”とあだなをつけられていた江田だが徳山秀典は「僕のせりふがとんでも僕のせりふを“せりふ変態”が覚えていてくれる」と信頼を寄せ「初座長変態。僕がすごい長台詞をほんのちょっと間違えたら『徳山さん、あそこちょっと…』って。他の人のせりふを暗記しているから。もうひとりでやったらいいんじゃ?」と丸投げされるほど。

 また今月24日には32歳の誕生日を迎える江田だが、清水順二は「本番中に祝っちゃいますから。スペシャルイベントとして。サプライズをカーテンコールでやります」と本人を前に堂々と予告。観客にもすでに知らせているといい、江田は「本番でなにをしてくれるのか楽しみ」と期待を寄せていた。

 このほか、ジャニーズJr.の高田翔、小島梨里杏、武藤晃子、我善導らが登壇した。