■『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』特別インタビュー(6)

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)に登場する新キャラクター、ジャナ。厚いベールに包まれている彼女について、演じるナオミ・アッキーを直撃した。

【動画】『スター・ウォーズ』完結編、新映像

 ナオミは英国出身。2015年頃からテレビドラマ数本と映画『マクベス夫人(原題:Lady Macbeth)』(2016年)に出演した、まだキャリアの浅い若手女優。ほとんど無名の俳優を抜てきするのは「スター・ウォーズ」の“得意技”だ。

 「ジャナについて教えてください」と、ストレートに聞いた。

 「彼女は戦士。生き延びるためにいろんなスキルを身につけてきた。他の多くの人たちのように、彼女もつらいことをたくさん経験してきている。そんな状況からどうすれば抜け出せるのだろうかと考えている。だから、この人たち(レジスタンス)と出会った時、彼女は、正しいことをしなければと思うの。今言えるのは、それだけ」

 うまくかわされてしまったので、「キャラクターに共感するのは簡単でしたか?」と重ねて聞いた。

 「ええ。このキャラクターは、恐れを知らない戦士だけれども、心の中には恐怖もある。時には、『今、本当に行ってもいいのかしら? それとも、今は逃げるべき時なのかしら?』と迷いを感じることもある。それは、とてもよくわかるわ」

 戦士、つまり戦う、タフな姿を見せるシーンもあったようで、「腕立て伏せとか、腹筋とか、これまでにやったことがないことをやる機会を得られた。そのおかげで新たな自信を得られたわ。筋肉がついた自分の腕を見るのは、いい気分だった」と話していた。続報を待ちたい。