ロックバンド・TRICERATOPSのボーカル&ギター・和田唱(43)の妻で、女優の上野樹里(33)が11日、自身のインスタグラムを更新。7日に、肺炎のため都内の病院で83歳で亡くなった義父でイラストレーターの和田誠さんを追悼した。

【写真】義父・和田誠さんとの笑顔の写真をインスタグラムに載せた上野樹里

 「私が間違えて言った映画のタイトルを、さっと直してくれたり、会う度に本をくれたり、その優しいお人柄と寛大さに、いつも感動していました」と振り返った上野。「家族全員でお出かけしたり、ご飯を食べたり、いつも楽しくて、みんな明るくて、和田家に来てからずっと夢をみているようでした」とつづった。

 続けて「誠さんとお別れする時も、みんなの愛が溢れていて、沢山のプレゼントと共に旅立って行かれました。とっても寂しくなりました。でも誠さんと一緒に過ごした日々は温かく、思い出の一つ一つが宝物です。短い間だったけど、娘のように接してくれて本当に嬉しかったです」と胸の内を告白。

 最後は「これからもみんなで誠さんのお話をしながら、レミさんとお料理して、みんなで元気に生きていきますね」と呼びかけた。

 和田さんの通夜・告別式は近親者のみで執り行われ、後日お別れの会が営まれる。妻で料理愛好家の平野レミ(72)は11日、所属事務所を通じて「1年ほど前から体調を崩し自宅で療養していました。7月より都内の病院に入院していましたが、肺炎を患い、最後は家族みんなに見守られながら、安らかにお別れをしました」と報告。

 「肺炎を患ってからはご飯を食べられなかったので、和田さんが好きなご飯をたくさん作って、安らかな顔の横に置いてあげました。最後の料理を作っている時はすごく幸せで、『私にとっての一番の幸せは、和田さんにご飯を作ることだったんだ』とあらためて気付きました。47年間、私の料理を美味しい美味しいって食べてくれて、本当にありがとう。安らかにね」と長年連れ添った夫に呼びかけた。

 和田さんは1936年、大阪生まれ。59年多摩美術大学卒業、ライトパブリシティに入社。68年からフリーとなり、77年より「週刊文春」の表紙を担当してきたほか、多くの書籍の装丁、ロゴデザインなどを手掛けた。『麻雀放浪記』などで映画監督を務めている。