テレビ朝日系で放送され、8月25日に最終回を迎えた『仮面ライダージオウ』のスピンオフ作品Vシネクスト『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』(20年初春期間限定上映&4月22日Blu-ray&DVD発売)に登場する仮面ライダーゲイツの新フォーム・仮面ライダーゲイツマジェスティのビジュアルが12日、解禁となった。

【写真】解禁となった禍々しいアナザーディエンド

 今作オリジナルの新フォームとして登場するのは、ゲイツ(押田岳)が変身する仮面ライダーゲイツマジェスティ。歴代の平成2号ライダーのライダーウォッチを全身に点在させ、レジェンドライダーたちの力を集結させた新フォームは、仮面ライダージオウの最終フォーム、グランドジオウを想起させる。ゲイツマジェスティライドウォッチのデザインもグランドジオウライドウォッチと酷似しており、ゲイツとジオウのつながりを醸し出している。ゲイツの新フォームはいったいどのようにして生まれ、どのような戦いを見せるのか。

 そして、ゲイツたちの前に立ちはだかる新たな敵、アナザーライダーのアナザーディエンドも解禁となった。『仮面ライダーディケイド』に登場した仮面ライダーディエンドを模した青と黒のストライプ、そして相手を威嚇するかのように、肩が広がりむき出しになった歯を見せたその姿は、恐るべき化け物となった。なぜ、アナザーディエンドが誕生したのか。アナザーディエンドに変身したのは誰なのか。そして彼を生み出した人物の目的とは一体何なのか。テレビシリーズで最後に立ちはだかり、ソウゴ(奥野壮)、ウォズ(渡邊圭祐)たちに苦戦を強いたのがアナザーディケイドだったこともあり、ゲイツたちを翻弄する強さを持つアナザーディエンドにも目が離せない。

 テレビシリーズ最終話のその後を舞台にした今作。新たに登場する仮面ライダーゲイツマジェスティとアナザーディエンドのぶつかり合いも見どころとなっており、ジオウファン、平成ライダーファンには目の離せない一作となる。