歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が11日、自身のブログを更新。台風19号の影響で主演する舞台『オイディプス』(東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン)の12日公演が中止になったことを受け「楽しみにしておられたお客様に申し訳ない気持ちです。が、安全大切です」と呼びかけた。

【写真】海老蔵&麻央さん 麗禾ちゃん、勧玄くんと4人でテレビ出演

 海老蔵は「明日はお休みになったようです、楽しみにしておられたお客様に申し訳ない気持ちです。が、安全大切です」と記し「今回は私は一切口を挟まず文化村さんの判断です。日曜日は通常通り出来たら嬉しいです」と思いをつづった。

 「私個人的には出来たら昼の舞台だけでも出来たらしたかった、が本音です」としつつも「先ほども書きましたがお客様の安全がなによりも大切です。御理解ください」とし「そして今回の台風大きな被害が出ない事を心から心から望みます」と結んだ。

 同日にはモデルで俳優の栗原類(24)も自身のツイッターを通じて「台風の影響で沢山のイベント、舞台公演が延期、中止となっています。天候の状態で中止の判断を下すのは沢山の人達が断腸の思いで決める事です。僕らの安全を第一に考えて出した決断です」と伝えつつ「当日もし影響がなくて『これ開催できたんじゃね?』って責めないでください。当日は安全に過ごしましょう」と理解を求めた。

 また、人気アニメ『忍たま乱太郎』のミュージカル『「忍たま乱太郎」第10弾再演~これぞ忍者の大運動会だ!~』も、あす12日舞台初日を迎える予定だったが中止に。同日、行われた公開ゲネプロでは、キャストを代表して反橋宗一郎(32)が「とても残念ですけど、製作委員会の方の決断は忍たまらしいと言いますか、ファンの方たちの安全を考えてなので本当に信頼できるスタッフさんたちだなと。初日に上演することはできませんが、どうかご理解いただけたら」といい「初日だけ来る予定だった人も、どこか時間を見つけて来ていただけたら。そうしたら何倍も楽しませられるように、僕らも頑張ります」とファンに向けてメッセージを送った。