声優の関智一(47)が11日放送のAbemaTVの声優バラエティー番組『声優と夜あそび』(月~金 後10:00)に出演。4日放送の同番組で生放送中にも関わらず爆睡してネット上で話題となっていたが、この日、ともに番組MCを務める大河元気から「僕はあの後、心配で心配で…」と体を心配されると本人は「ぐっすり寝られましたよ。酸素カプセルがよかったのか。ありがとうございます」と疲れがたまっていた自身を気遣う企画を実施してくれた周囲の関係者に感謝の言葉を述べた。

【写真】口半開きで…生放送中に爆睡する関智一

 関が爆睡した時の番組は、関が舞台仕事もあって疲れがたまっている様子なため「元気をだしてもらう」4つのコーナーが展開。高級栄養ドリンクで精をつける企画などがある中、その中の1つで酸素カプセルが登場し、カプセル内で睡眠をとると疲労回復効果がより高まるということで関が体験すると、すぐに目を閉じて眠りに落ちたというもの。

 ともに番組のMCを務める相方の大河元気は「本当にお疲れだったんでしょうね。(舞台が)千秋楽になると気も張りますし」「素敵な夢を見てくださっているといいな」と関を気遣ったが、関のマイクからは大きなイビキの音が出ており、最後まで目を覚まさないという事態となっていた。

 放送後はネット上で大きな話題となり「これは放送事故w」「関さん、自由すぎるな~」や「関さんの多忙さは皆が知るところ。熟睡できる機会をあたえてあげていいと思う」「寝顔がかわいい! お疲れ様です」と批判はほとんどなく、貴重な声優の寝顔や多忙の関を理解する声が多くあがっていた。

 改めてこの日、大河が関の体を心配すると、本人は「おかげ様で仕事が(この1週間)、収録がなかったんですよ。だから、結構お休みができちゃって」と酸素カプセルや番組企画もあって十分休息できたことを伝えた。

 ちなみに関は、先週まで生やしていたヒゲを剃り、チリチリのパーマ姿で登場しており「起きたらこうなっていた。酸素カプセルに入って目が覚めたらこうなっていた。影響があってびっくりした」ととぼけてドヤ顔。そして、ここから先週の休息の環境を提供してくれた番組へ恩返しをするかのようにボケが炸裂する。

 番組企画では、自身の性格や性格がわかる「遺伝子検査」の検査結果が披露され、“集中力が高い”結果が出た関へ「集中力が上がると飛ぶ」という脳波ドローンを使い“集中力”を測定することに。関は「どうやったら集中できるんだろう?」と不思議そうにしていたが測定器を頭に装着すると、すぐにドローンが飛びスタジオは笑いに包まれた。

 なかなか関の集中力が切れないため、現場はドローンの機体から出るモーター音が大きく鳴り響き、大河から「集中力を切ることはできるんですか? 集中力を切る!」と指示が。関は目を閉じて寝るそぶりを見せると、徐々にモーター音が小さくなるという爆睡一歩手前のような形となり、モーター音がなくなる寸前で大河が「いや、またネットニュースに載りますって! 関さん!関さん!また、ネットニュースになりますって」と全力で起こした。

 そのあとは目をぱっちり開いて集中力をアピールした関。再び目を閉じ、口を開けて爆睡するような仕草を見せたがドローンのモーター音は高いままで、大河は「前回も起きてらっしゃったのでは?」と前週の爆睡を疑うと、関は「集中が途切れねーな。どうやったら途切れられるんだろう?」とソファーの上で激しく上下運動をする珍行動を見せて暴走していた。

 関はアニメ『ドラえもん』スネ夫役、『機動武闘伝Gガンダム』ドモン・カッシュ、『のだめカンタービレ』千秋真一役、『Fate』シリーズのギルガメッシュなど、数多くの作品に出演しており人気を集めている。