女優の森矢カンナが11月24日に放送される11月24日放送のフジテレビ開局60周年記念 アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(後8:00)で、20年後の花沢花子(31)を演じることがわかった。「11歳だった花沢さんも31歳に。誰も知らない中学、高校、20代。この20年間をどう埋めていこうかと悩んだ」という森矢は「花沢さんを研究していく中で、やっぱりあの2つ結びは再現したい!と思い、髪を20センチほどザクッと切って、あのコロンとした2つ結びを再現しました」とビジュアルにもこだわった。

【集合カット】天海祐希が20年後のサザエさんに…ワカメは松岡茉優

 今年10月にアニメ放送50周年を迎えた『サザエさん』の一度も描かれたことのない20年後をオリジナルストーリーで送る同ドラマ。主人公・サザエさん(天海祐希)の弟・カツオ(31・濱田岳)は、野球選手、漫画家など、夢見ては挫折を繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面していた。そんなカツオの小学校の同級生でかつては席は隣同士だった花沢さん。豪快な笑い声が印象的で、男子よりも力持ちな反面、料理は得意、裁縫も得意と、非常に家庭的で高い女子力を併せ持つ。そして将来の夢は「磯野くんのお嫁さん」と公言をしていたが…。

 それから20年が経ち、豪快で男勝りな部分はナリを潜め、女子力の高さに磨きがかかり、おしとやかで献身的な女性に。体型もすっかり女性らしくなり、身長にいたってはカツオ超え。将来の夢であったカツオのお嫁さん…には、まだなれず、カツオとは友達以上の恋人未満な、微妙な距離感で付き合っている。カツオの洋食店がうまくいくことを誰より願っており、実家の花沢不動産で手伝いをする傍ら、時間があればカツオの店に顔を出し、カツオが作る新メニューの味見役を務めながら、カツオを応援し続けている、というなんとも健気な役どころ。

 オファーを受け森矢は「実写!? しかも20年後!? そして私が花沢さん!? と3段階でびっくりしました(笑)。磯野家の将来を描くなんて、なんてワクワクする企画なんだ!と、楽しみで仕方なかったです」と期待に胸を躍らせたそう。実際に演じるにあたって「 11歳の頃から変わったものと変わらないもの。好きなモノは好き!という花沢さんの真っすぐで芯のブレない部分は演じていて楽しかったです」と満喫した様子で語っている。