デビュー35周年イヤーを迎えた歌手で女優の中山美穂(49)が、12月4日にリリースする約20年ぶりの新曲を収録アルバムのタイトルが『Neuf Neuf』(ヌフ ヌフ)に決定したことを発表し、あわせて収録内容を公開した。

【ライブ写真】貴重!33年前のファーストコンサート時の写真

 フランス語で「新しい」という意味を持つタイトルの本作は、1999年9月にリリースしたシングル「Adore」以来約20年ぶりとなる新曲を4曲収録。中山自身が作詞した曲と、作曲したインスト曲を1曲ずつ、親交のあるロックバンド・忘れらんねえよのボーカル・ギターの柴田隆浩が楽曲制作&作詞を担当し、中山の「遠い街のどこかで」の作詞を手がけた渡邉美佳氏が作詞に加わった「君のこと」など聴き応えのある内容。

 さらに、大胆なアレンジを施した「C」、「ただ泣きたくなるの」など代表曲の新録セルフカバー4曲を加えた。全楽曲のアレンジを、音楽家、プロデューサー、マルチ弦楽器奏者の高田漣氏が担当した。

 本作は、初回限定盤、通常盤の2形態。初回限定盤には特典として撮り下ろし卓上カレンダーが付属する。


■中山美穂アルバム『Neuf Neuf』収録楽曲
01. 時計草
02. ただ泣きたくなるの
03. 君のこと
04. カーテンコール
05. You’re My Only Shinin’Star
06. C
07. 色・ホワイトブレンド
08. Neuf