俳優の伊藤健太郎(22)、女優の玉城ティナ(22)が10日、都内で行われた映画『惡の華』御礼舞台あいさつに登場。“アンチヒロイン”を演じる玉城の役が、現在大ヒット中の映画『ジョーカー』の内容とネットで比較されていることに同調し、玉城は「ああいう、ダンスできると思う!」とジョーカーばりの“ダーク”“アンチ”キャラに自信を見せた。

【動画】意外な一面も暴露した玉城ティナ

 同作は、「絶望」をテーマに主人公の鬱屈した青春と行き場のない衝動を描いた漫画を実写化したもの。伊藤演じる春日は、中学2年のある日、誰もいない放課後の教室で、クラスのマドンナ佐伯奈々子(秋田汐梨)の体操着をつかんで逃げ出してしまう。後日、クラスの変わり者、仲村佐和(玉城)に見られていたことが発覚し、「秘密をばらさない代わりに私と契約しよう」と言われ、2人の奇妙な共犯関係が始まっていくストーリー。

 井口昇監督は「『ジョーカー』が始まって、ネットを見ているとジョーカーを演じたホアキン・フェニックスと玉城さん(の演技)を比べる内容が結構ある。『ジョーカー』と比べてどうか?と、すごい対決だな~と思いました」と比較する声があると告白。

 それを聞いて伊藤と玉城は「えー!」と驚きつつ、伊藤は「僕もちょっと前に『ジョーカー』を観に行ったんです」、玉城も「私も観たの!」と出演映画の話よりもなぜか映画『ジョーカー』トークを展開する流れに。

 伊藤は『ジョーカー』を観て強く感じたことがあったそうで「(ジョーカーは)ちょっと『惡の華』ぽいなと思ったんです!」と伝えると、井口監督と玉城も「そう思った!」と同調。「ホアキンがジョーカーに変わっていく姿、人の変わっていく様が(『惡の華』と似ていて)、なのでこれは日本版ジョーカーなんです!」と伊藤が力説すると、映画を観終わった観客から意見に同調するかのように拍手が起きた。

 そんな『ジョーカー』は、「バットマン」の悪役として知られるジョーカー誕生の物語を、原作コミックにはないオリジナルストーリーで描いた作品。映画評論家によると今作の玉城の役は「漫画史に残るアンチヒロイン」で「完璧に血と肉を与えた」と絶賛。

 ジョーカーと自身の役が“ダーク”“アンチ”キャラの共通点があり、ホアキンと比較された玉城だが、自信満々に「ああいう、ダンスできると思う!」と笑顔。「途中までそういう風に(似ていると)思いました。もちろん描写的なものや考えさせられるものが違いますが、『そういう風になるしかない!』みたいに背負っていく感じが『う~ん』とは思いました」と話した。