女優の伊原六花(20)が10日、東京・めぐみ総合ホールで行われたマルサンアイ『豆乳グルト』ブランドの新CMキャラクター就任記念イベントに登場。“バブリーダンス”で大ブレイクした大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンが、ダンスの“六花先生”として幼稚園児にダンスを指導して会場を盛り上げた。

【動画】園児90人とキレキレダンスを披露する伊原六花

 新CMに出演している伊原は「高校時代のakaneコーチが振り付けをしてくださったのですが、すごくかわいくて、キャッチーな、一緒にまねをしたくなるような振り付けでした。(コーチと)一緒に仕事させていただくことが、夢のひとつでしたので、こういう形でご一緒できてうれしかったです」としみじみ。

 そんな感慨深いCM内で披露したダンスを園児たちに指導することになり、園児から「六花先生ー!」と呼ばれて登場すると「きゃー、かわいい!」と赤面。そのあと、「ぐるぐる、ぐるぐる~」「肩上げて…」などとゆっくり丁寧に教えたあと、一緒にCMダンスを披露した。

 踊った後の感想を聞かれた女の子は「先生と踊れて楽しかった」「また先生と踊りたいです」とうれしそうに話し、男の子も「りっか先生、大好き!」とラブコール。伊原は「かわいい! 聞きました?『りっか先生、大好き!』って、ありがとう!」と顔を真っ赤にして照れていた。

 イベントが終了すると、人気の“六花先生”は園児たちに取り囲まれる一幕が。司会者から「みんな、戻ろうね~」と言われても、伊原は一人ひとりに握手をするなど神対応を見せて名残惜しそうに会場を後にした。