タレントのベッキーが12月7日放送の東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』(毎週土曜 後11:40)で『ショムニ2013』(フジ)以来6年ぶりに地上波連ドラレギュラーを務めることがわかった。主演の要潤演じるどんな依頼人でも必ず勝たせる悪魔の弁護人でありながら、その正体は14歳の時に凶悪犯罪を犯した元少年Aである御子柴礼司の事務所で働くこととなる事務員・日下部洋子役に起用された。

【場面カット】ベッキーが悪魔の弁護士・要潤に振り回れる?

 同ドラマは人気作家・中山七里による傑作ミステリー『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』『追憶の 夜想曲(ノクターン)』『恩讐の 鎮魂曲(レクイエム)』『悪徳の 輪舞曲(ロンド)』の弁護士・御子柴礼司シリーズ既刊4作を映像化。二転三転する法廷劇をハイテンポに、そして過去の罪と向き合う御子柴の苦悩をスリリングに描く法廷ミステリー。このほか、御子柴と法定で対峙する堅物検察官の岬恭平役には津田寛治が決定した。

 母子家庭で育った洋子は奨学金を得て大学進学。しかし就職先がブラック企業で体調を崩し退職。さらに派遣先でも契約を切られ無職に。生活のため次の仕事を探している時に、たまたま御子柴法律事務所の事務員になる。強引な手口で依頼人を弁護し 、相手側に悪魔と恐れられる御子柴に戸惑いつつも、先入観なく物事を見ているフラットな女性。そんななか、御子柴の過去を知ってしまう…。

 ベッキーは「洋子は、すごくまっすぐな心を持っていて、一生懸命で、人の心に寄り添う人です。パッと見や肩書きで人を判断することはありません。そんな理想的な洋子に、お芝居を通じて少しでも近づけたらいいなと思いました」と役柄への思いを語る。

 また、「要さんとは13年前に一度ドラマでご一緒していますが、同じシーンはほぼ無かったので、しっかりお話しするのは今回が初めてです。一見クールだけど内側は温かい方です。現場でも笑いを提供してくださるのですが、 それが『俺おもろいやろ~』という感じでなく、さらっとする感じの“オシャレおもろ~”で全部がスマートなんです。 御子柴とカブる感じがします」と早くも打ち解けた様子だ。

 一方、異色の弁護士役に挑む要は「世の中には、喜ぶ人がいたら悲しむ人がいるように、一見、正義に見えても悪だったり、表に見えても裏だったりする部分があるの で、その辺はすごく考えさせられるドラマだなと思います」とアピール。「話が進むにつれて御子柴の人間像が見えてきます。感動できるシーンもあります。土曜の夜『疲れたな』と帰宅されて見たときに“明日の活力”になれるようなドラマにしていきたいなと思っています!」と意気込んでいる。