10月8日発表の最新「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」では、米津玄師の最新シングル「馬と鹿」が、週間売上3.7万DL(3万6847DL)で8週連続の1位を獲得。累積DLは56.8万DL(56万7612DL)となり、「2019年度【※1】の累積DL数記録」で2位に上昇。1位の「Lemon」と併せ1位、2位独占となった。「Lemon」は、19年度の期間内総売上数が今週付で100.1万DL(100万844DL)を記録し、「2019年度初のデジタルシングル100万DL突破作品」となった【※2】。

【動画】大泉洋も絶賛の米津玄師 新曲「馬と鹿」MV

「馬と鹿」は、7月期の大泉洋主演ドラマTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の主題歌として米津が書き下ろした楽曲。逆境を跳ね返し、一歩ずつ前へ進む主人公と低迷ラグビー部の姿を⼒強く歌ったミディアムナンバーに、ドラマ終了後も高い人気が続いており、ドラマファンのみならず、ラグビー日本代表選手からもコメントされるなど、多方面から支持されている。

 10月5日からは、ラグビーW杯のライブビューイングを行なっているアメリカンレストラン『ハードロックカフェ』での「ラグビーW杯応援キャンペーン」がスタート。また、10月6日には自身のツイッターを更新し、サモア戦に快勝したラグビー日本代表にエールを送ったことが話題となった。

 なお、米津は来年2月1日の和歌山ビッグホエールより、全国10会場20公演を廻る自身最大規模のツアー『米津玄師 2020 TOUR / HYPE』を開催する。