関ジャニ∞がレギュラー出演するテレビ朝日系音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:10~深0:05)の13日放送回では、数々の名曲を世に送り出してきたスピッツの音楽の秘密を掘り下げる。

【写真】関ジャニ∞がお人形に?『GR8EST BOY』たち

 「チェリー」「ロビンソン」「空も飛べるはず」など、30年にわたって色あせない名曲の数々を世に送り出し、今なお第一線を走り続けているスピッツ。スタジオゲストにスピッツファンを公言する川谷絵音(ゲスの極み乙女。/indigo la End)、作詞・作曲家の杉山勝彦(TANEBI)を迎え、“スピッツ音楽”のすごさを紐とく。

 スピッツ愛が深い2人は、人によって解釈が変わる難解で深い歌詞、ボーカル・草野マサムネの歌声、独特な曲調などについて熱く解説。また、スピッツ初期のプロデューサー・笹路正徳氏に川谷と杉山の疑問をぶつけ、密な関係者しか知らないスピッツ音楽の秘密と魅力を明らかにしていく。

 トークゲストは山崎弘也と足立梨花。進行は弘中綾香アナウンサーが務める。