俳優の船越英一郎が7日、都内で行われた男性向け総合毛髪ブランド『アデランス』のブランドアンバサダー・新CMキャラクター就任発表会に出席。以前から「毛髪の悩みも多かった」と、アデランスと歩んだ15年について振り返った。

【写真】髪をかき上げ、自毛と変わらぬ丈夫さをアピールした船越英一郎

 アデランスとの出会いについて「2004年にドラマの撮影でアデランスのウィッグを使わせていただいて、技術の高さに感銘を受けました。毛髪の悩みも多かったのでプライベートでも相談に乗ってもらい、付き合いが深くなりまして、テレビのCMにも出演させていただきました」と語った。また、船越はアデランスをしてよかった点について「いろんな役柄にふさわしい髪型が手に入る」と演技にも役立っていることを明かした。

 過去、13年10月から放送されたアデランスCMに出演していた船越。その後も、同社の社会貢献活動に参加するなどしていたが、今回のブランドアンバサダー就任は、本人からの申し出があって実現したとのこと。船越はその理由について、「世界中を笑顔にしたいという真摯な思いと、技術開発への情熱を受け取った。前回のCM以降、多くの方から反響をもらい励みになったので、今回アンバサダーという立場からメッセージを届けたいと思いました」と話した。

 新CMは「髪は顔だ RUN」篇、「髪は顔だ ボクサー」篇、「髪は顔だ CSR」篇の3バージョン。撮影には「大変でした。早朝から走ったり、ボクシングをしたり。私、来年還暦を迎えます。相当ムチ打って臨みました(笑)」と回想した。

 最後は『髪は顔だ!』とホワイトボードにメッセージを書き、「最高のキャッチフレーズだと思っております。人生100年時代。アデランスさんと一緒に自信をもって胸を張って人生を謳歌していただきたい」とアンバサダーとしての熱意を表明していた。

 船越が出演する新CMは9日から順次放送される。