お笑いタレントのアキラ100%が7日、都内で行われた『アポロ アマチュアナイト ジャパン 2019』の予選ラウンドに参加。終了後の会見で、今月3日に第1子となる女児が誕生したことを明かした。

【写真】第1子誕生に喜び!おなじみの”持ちネタ”を披露するアキラ100%

 今年、創立85周年を迎えるアメリカ・ニューヨークにあるエンターテインメントの殿堂「アポロシアター」。『アマチュアナイト』は同劇場で毎週水曜日に行われるイベントで、歌手やダンサーのプロへの登竜門となっている。1934年以来、エラ・フィッツジェラルド、スティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソンなど世界的スターを多数輩出してきた。

 日本版は動画審査を経て、東京予選、大阪予選の通過者は11月13日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで決勝ラウンド『TOP DOG』に進出。賞金は100万円、そしてアポロシアターで行われる『スーパー・トップ・ドッグ』にアジア人として初のゲスト出演する。

 この日、行われた予選ラウンド『SHOW OFF』東京に出演したアキラは、おなじみのお盆芸を披露。万雷の拍手を浴びたものの、惜しくも3位に入れず落選した。それでも「楽しかったですね。普段のイベントとはちょっと違う。アメリカでやるような感覚を味わわせてもらった」としみじみと口にした。

 また、アキラは「きょうをめちゃくちゃ楽しみにしていた。気合が入っていた」理由として、「ここで初めて明かすんですけど先週、子どもが生まれまして。その子のためにも『お父さん、海外行ってきたんだぞ!』って頑張りたかったんですけどね…」と3日に女児が誕生したことを報告。裸芸が持ち味だが「僕のネタが嫌いな子に育たないでほしい。笑ってほしい」と願望を口にしながら「また、明日から頑張っていきたい」と幸せそうな笑顔を見せた。

 そのほか、トレンディエンジェル、どりあんずがMCを務め、エグスプロージョンらが出場者を見守った。また、吉本芸人のパフォーマンスグループ・BAD×TEN(ツネ、ウエスP、オスシくん、デッカチャン、赤枝卓、三戸キャップ)も参加したが、ブーイングにより、強制終了となった。