俳優でシンガー・ソングライターの福山雅治(50)、女優・石田ゆり子(50)が7日、都内で行われた映画『マチネの終わりに』(11月1日公開)の完成披露試写会に登場。同作で初共演する二人は互いについて語ることになり、福山はボケを挟みながら伝えようとしたが、観客と石田の反応が今イチで、照れながらボケの意味を説明した。

【全身ショット】黒のシースルーワンピースで登場した石田ゆり子

 同い年の福山と石田だが、20代前半にCM共演をしただけでドラマや映画での共演歴はなし。相手の印象について石田は「福山さんと同い年なのですが…」と話すと会場から「えー!」と驚きの声が。50歳には見えない石田の美貌、福山と石田が同い年という事実に驚いたのか不明だったため、福山は「『えっー!』ってどういうことですか?」と苦笑いを浮かべていた。

 改めて石田は「CMでご一緒になって以来、一度もドラマや映画でもお会いしたことがなかったのですが、この作品で『福山雅治さんと一緒になることになっていたんだ』と思い感無量です」と今作で共演するために今まで共演する機会がなかったという“運命”を感じたと告白。

 福山も「運命の共演。作品内容同様に運命は感じましたね~」とニヤニヤしながらも「石田さんは映画化が決まる前の早い段階で原作を読んでいたそうで。僕は石田さんがすでに読まれているという状態で映画出演のお話をいただいたので、『洋子』という存在は石田さんをイメージしながら原作を読んでいた」と役作りで石田の影響があったという。

 さらに「早く洋子に会いたいと、『オー、洋子』『Oh、ヨーコ』…」と石田との撮影を楽しみにしていたと、ラブコールの意味も込めて冗談を交えて伝えたが、石田は「あの~…」と苦笑い。ボケの意味が石田と観客ともにわからない様子だったため福山は「ニューヨーク(が舞台)で、ジョン・レノンとかけてみたのですが、(洋子と)オノ・ヨーコと…」と顔を真っ赤にして恥ずかしそうに説明した。

 原作は、『日蝕』で芥川賞を受賞した平野啓一郎氏が執筆した同名の小説。世界的なクラシックギタリストの主人公・蒔野聡史(福山)は、パリの通信社で働くジャーナリスト・小峰洋子(石田)と出会う。洋子には婚約者がいることを知りながらも、引かれ合い、蒔野は洋子への愛を告げるが、それぞれの現実に向き合う中で、2人の間に思わぬ障害が生じ、決定的なすれ違いが起こる切なくも美しい愛の物語。

 この日は伊勢谷友介(43)、桜井ユキ(32)、木南晴夏(34)、板谷由夏(44)、古谷一行(75)、西谷弘監督(57)が登場。司会は伊藤利尋フジテレビアナウンサーが務めた。