10月より、金曜よる9時にレギュラー放送時間を変更する『ミュージックステーション』。1986年の放送開始以来、長きに渡り“金曜よる8時”に視聴者を楽しませてきた同番組が、番組スタート33年にして初めて、“よる9時”に枠移動。そんな『ミュージックステーション』の新番組PRが完成した。なんと、MCのタモリが“パルクール”をしながらテレビ朝日のスタジオを目指し、東京の街を疾走しているという斬新な映像に仕上がっている。『Mステ』公式ツイッターで本日公開され、地上波放送でも流れる。

【写真】PR映像で華麗に柵を飛び越えるタモリ

 走る・跳ぶ・登るといった移動に重点を置いた運動方法で、日本だけでなく世界中でさまざまなスタイルで実践されている“パルクール”。将来的にはオリンピック正式競技としての採用も目指しており、現在、全世界でブームの兆しを見せている。

 そんな注目競技・パルクールを取り入れたPR映像は、いつものように出勤しようと街を歩いているタモリが、ふと時計を見て、放送に遅刻してしまいそうな時間であることに気づくところからはじまる。慌てて走り出したタモリは、フェンスを飛び越え、階段からも鮮やかにジャンプ! 途中、サングラスを落としてしまうというハプニングを乗り越えながらも疾走を続け、華麗なステップと身のこなしでテレビ朝日のスタジオフロアに到着する。

 勢いよく回転しながら現れたタモリには、居合わせたあるアーティストも思わずびっくり! なんとか時間通り『ミュージックステーション』のスタジオに滑り込んだタモリだったが、実は時間を間違えてしまっていて…、というお茶目なオチ。『Mステ』でもおなじみの人気アーティストも特別出演している。

 撮影時にはディレクターの細かい演出にも器用に応えていたタモリ。「ここから走り出してみてください」「ここでジャンプしてみてください」といった要望にも、軽やかな身のこなしを見せていたそう。

 さらに、今回の放送時間変更を機に、ポスタービジュアルも一新。“LIVE MUSIC”、 “MOVE” をコンセプトにしたデザインへと大きく変わった。中でも一番大きな変化はタモリの肖像。歴代のポスターでは“マイクを持ってスッと立つタモリ”が定番ビジュアルだったが、新ポスターでは“マイクを持って駆け出すタモリ”のビジュアルを採用し、静止画とは思えない躍動感を演出している。

 金曜9時台初回の18日は、午後7時から3時間スペシャル(後7:00~9:48)を放送。