アイドルグループ・でんぱ組.incの成瀬瑛美と声優の小原好美が7日、東京ソラマチで行われたアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』(スタプリ)の映画公開記念スペシャルダンスイベントに登場。作品のテーマ「友達」にちなみ“友達論”を熱弁すると、プリキュアたちの登場に興奮していた子どもたちが騒がず真剣に耳を傾けていた。

【動画】プリキュア声優の言葉、子ども騒がず聞く 友達作りは「仲良くなりたい」思いを素直に

 これは、19日に公開される『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』の公開を記念したもの。プリキュアと不思議な生き物ユーマとの出会いの物語で、ユーマは言葉が通じないキャラクターだが、“うた”に反応することを知ったキュアスターとキュアミルキーは、“うた”を通じてユーマとの絆を深め友達となり、ともに成長していく。

 この日はプリキュアファンの子どもたちが集まり、キュアスター役の成瀬は「とってもかわいいですね!」、キュアミルキー役の小原は「衣装も着ている子もいれば、グッズを持っている子もいる。中々、私たちは子どもたちと触れ合う機会が少ないのでうれしいですね」と感激。

 イベントには、2人が演じるキュアスターとキュアミルキーも駆けつけており、登場すると「きたー!」「ミルキー!」と大きな声援送るなど子どもたちは大興奮。そんな中、小原は「今までのプリキュアシリーズとは違った物語の展開があったりする。ユーマという新しいキャラクターも出てくるので、みんなお友達になってくれたらいいな」と映画の見どころをアピール。

 友達になる秘訣について小原は「幼稚園や小学校など、お友達を作ることが初めての場になることが多いと思います。初めてのことってドキドキしたりすると思うのですが、その気持ちをグッとこらえて『仲良くなりたい!』という思いを素直に伝えれば、相手と一緒に遊ぶことで仲良くなっていける」と伝えると、憧れのプリキュアの言葉に子どもたちの心に響いていた。

 その後、キュアスター&キュアミルキーが、劇中の鍵を握るダンスを子どもたちにレクチャー。30分間の短いイベントだったが、夢のような時を過ごすことができた子どもたちは、会場を後にする成瀬、小原、プリキュアたちを取り囲み「行かないで~」と懇願すると、成瀬と小原は「ありがとう!」と寂しそうにしていた。