映画『男はつらいよ』の最新作『男はつらいよ おかえり 寅さん』(12月27日公開)に、30年ぶりにシリーズ出演するお笑いタレント・出川哲朗のメイキング写真が5日、解禁された。山田洋次監督とガッチリと握手を交わした出川は「地獄の演出、監督のバイタリティってすごい。変わってないわ!!」と撮影を振り返った。

【別カット】30年ぶり『男はつらいよ』出演で笑顔の出川哲朗

 同シリーズは、1969年に第1作が公開され、渥美清さん主演で49作(97年)まで続いた不朽の名作。誕生50周年を記念した新作には、シリーズ全49作を4Kデジタル修復した映像と、新たに撮影される映像が使用される。

 キャストは渥美さんのほか、倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟、夏木マリ、笹野高史らおなじみの面々に加え、後藤久美子が本作で女優に復帰。さらに、池脇千鶴、桜田ひより、カンニング竹山、立川志らくなどの新メンバーも参加し、主題歌「男はつらいよ」を桑田佳祐が歌い上げる。

 出川は、第37作『男はつらいよ 幸福の青い鳥』(86年)から第41作『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(89年)まで5回連続で出演。ただ、これまでの出演はすべて“エキストラ”としてであり、今作ではどのように出演するかはまだ明らかになっていない。