シンガー・ソングライターの星野源が、10月14日に4曲入りEP『Same Thing』を全世界配信リリースすることが決定した。前作『POP VIRUS』(昨年12月発売)以来10ヶ月ぶりとなる新作には国内外の豪華アーティストを迎え、これまで一切やってこなかった自身初のコラボレーション楽曲を収録する。

【写真】星野源が筋肉ムキムキ!イラストジャケット

 表題曲「Same Thing(feat. Superorganism)」は、英ロンドンを拠点に活躍する8人組多国籍バンド、Superorganismと共に制作した楽曲。星野のライブを観に訪れたことをきっかけに親交を深め、実際にメンバーとスタジオに入って制作を行った。全編英語の作詞および作曲は星野が、編曲はSuperorganismが担当。双方の魅力が詰まった楽曲となっている。

 「さらしもの(feat. PUNPEE)」にはラッパーのPUNPEEが参加。共にスタジオで長い時間をかけてリリック制作し、楽曲アレンジを突き詰めた。星野の楽曲としては初となるラップも収録されている。

 このほか、後日発表となる驚きのアーティストとのコラボレーション楽曲「Ain’t Nobody Know」、ギターと声のみで構成されたシリアスで温かい楽曲「私」を含めた4曲入り。星野は「『Same Thing』というEPは僕にとって、遊びであり、挑戦であり、音楽家としての叫びです。恐ろしいほどのワクワク感と共に『音楽人生、まだこんなに面白いことがあるのか』と楽しい刺激を常に感じながら制作した最高の4曲です。お楽しみに」とのコメントを寄せた。

 表題曲「Same Thing」は、きょう4日からApple Musicで先行ストリーミングスタート。8日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』(毎週火曜 深1:00)で国内ラジオ初オンエアも決定した。EPリリース後、11月23日からは中国・上海、アメリカ・ニューヨーク、横浜、台湾を回るワールドツアーを行う。