“いま最もチケットが取れない講談師”として各方面から話題を集める神田松之丞が、『週刊プレイボーイ』(集英社)の創刊53周年を記念したビルボード広告に起用された。同誌は毎年10月の創刊月間に都内約30ヶ所にビルボードを掲出し、旬のアイドルや女優たちが飾ってきたが、男性が登場するのは2000年の爆笑問題以来、19年ぶりとなる。

【写真】タキシードでビシッと決めた神田松之丞

 また、12日発売の同誌43号からは、松之丞が各界のトップランナーを招いて、存分に訊き語る対談企画連載「松之丞が訊く!」がスタート。それに先駆けた42号(7日発売)では撮り下ろしグラビアを掲載。タキシードを着こなしての特写はこれまで見たことがない、ダンディズムあふれる神田松之丞が切り取られた。また、ウサ耳を着けた必見の“バニーボーイ”姿も披露する。

 今月は松之丞のラジオ番組『問わず語りの松之丞』が放送されるTBSラジオで、同誌のCMもオンエア。松之丞のナレーションで、張り扇のパパンっという小気味良いリズムに乗って創刊53周年を盛り上げる。