お笑いタレントのゆってぃこと藤堂雄太が3日、都内で行われた舞台『素敵なカミングアウト』の制作発表会見に参加。本名での出演について「恥ずかしい」と正直に打ち明けた。

【写真】クァンミンンとヨンミンにおなじみの”ワカチコ”を教えるゆってぃ

 「ワカチコ、ワカチコ」というネタでおなじみのゆってぃ。同舞台が初の舞台出演となるという。「台本を読んだときに、こんなにせりふ量が多いんだ、と」と苦笑い。普段はピン芸人として活動しているため、人が書いたせりふを覚えるのに苦労しているそう。それでも、けいこ初日には台本なしで演技をしていたと共演陣が明かすと「うちの事務所の社長が『とにかく迷惑を掛けるな』と。失礼のないように覚えてきた」と照れていた。

 父にゲイをカミングアウトされる長男を演じる。本名での活動は「12年ぶりぐらい」と話し、「本名はとても恥ずかしいです」と正直に告白。その理由は「だいたい藤堂に名前負けしている。雄太もオスに太いで勇ましい。全てが名前負けしている。ゆってぃのままのが、なんとなくやりやすいですね」と苦笑いで説明していた。

 本名での出演は事務所が決め、今後の俳優活動は本名でやるような流れになりそうだという。ただ、ゆってぃも事務所主導でつけられた名前だそうで「全部、決められたもので僕は動いてます。全てがレールひかれて『ありがとうございます』という感じです」と笑っていた。

 また、ゆってぃは主演の元BOYFRIENDのヨンミンとクァンミンに“おもしろいギャグ”を伝授することに。「おもしろい、とハードルを上げないでください」とボヤきながら「ワカチコ」と教えていた。国際展開したギャグを見て、スペシャルゲストとして参加したクリス松村は「これでダンディ坂野さんを追い越せるかも」と促すと、ゆってぃは「黄色い背中を追ってます」と返し、笑わせた。

 同舞台は母に先立たれた苫米地家の物語。ある日、父が再婚するという報せを受け、久々に家族全員で食事をすることになり、ホテルのラウンジに集まったのだが、そこで父がゲイであることをカミングアウトする…。そこへ父の婚約者が結婚のあいさつへやってくる。動揺を隠せないきょうだいたちが織りなす誤解とウソ。人生の皮肉に立ち向かう家族のこっけいさを描いたワンシチュエーションファミリーコメディとなっている。

 会見には武田幸三、藤田幸哉、森公平、橋本耀、Rilika、原田桂佑が出演する。東京・新宿シアターモリエールで16日から20日まで。