サザンオールスターズが8月に配信リリースした「愛はスローにちょっとずつ」が、10月13日スタートの賀来賢人主演ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(毎週日曜 後10:30 日本テレビ系)の主題歌に起用されることが決定し、あわせてミュージックビデオ(MV)も公開された。

【動画】過去ライブシーンも…「愛はスローにちょっとずつ」MV

 ドラマで賀来が演じる主人公・遊佐清春は、叩き上げで捜査の最前線を任され、冷徹で目的のためには手段を選ばない刑事。ある日、森の中で目を覚ました遊佐は、直前数ヶ月の記憶を失っていた。右手には拳銃、そして横には上司だった女性刑事が死んでいた。潰されていく証拠、偽装される捜査、かつての仲間だった同僚刑事は一夜にして敵に。やがて事件は未解決の『十億円強奪事件』の真相へとつながっていく。

 主題歌に起用された「愛はスローにちょっとずつ」は、サザンオールスターズが3月~6月にかけて全国55万人を動員した自身最大の全国ツアーを通して作り上げられていった最新曲。せつなく美しいメロディーに乗せて、愛する人との離別を経て今なお感じる慕情、そして孤独感がつづられている。

 主演の賀来は「サザンオールスターズさんの楽曲が、エンディングに流れることを想像するだけで、今から鳥肌が止まりません」と興奮。「愛はスローにちょっとずつ。とにかく、僕は『優しさ』を感じました。ニッポンノワール、そしてキャラクター達がその優しさに助けられ、リンクする日が待ち遠しいです」と放送を心待ちにする。

 福井雄太プロデューサーは「ある『寂しさ』と、一つの『愛』という表現。それは次第に今作とも絡んでいくことになる……かもしれません。エンディングも絶対に『見逃せない』仕掛けのあるものとなっておりますので、ぜひ目と耳をお貸しくださいませ!」と意味深予告をしている。

 また、ファン待望のMVも公開。6月の東京ドーム公演の映像を中心に、未公開の舞台裏映像などで構成されている。太陽に照らされて輝く海、男女の別れや切なさを表現したシーンなど、楽曲の世界観を増幅させる撮り下ろし映像がインサートされるほか、アーティスト写真撮影風景、過去のライブやレコーディング映像も織り交ぜ、見どころ満載となっている。