日本を代表するソプラノ歌手として活躍した声楽家・佐藤しのぶさんが、9月29日に死去した。3日に公式サイトで訃報が伝えられた。

【写真】佐藤しのぶさん、吉永小百合&坂本龍一らとの豪華ショット

 サイトでは「声楽家 佐藤しのぶは、2019年9月29日、永眠いたしました(享年61)」と記し「これまであたたかい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともにここに謹んでご報告申し上げます」とした。

 佐藤さんは、1958年、東京都生まれ。国立音楽大学卒業後、1984年に文化庁オペラ研修所を首席で卒業。同年に「椿姫」の主役でデビューした。1987~90年には、NHK紅白歌合戦に出場。「椿姫」をはじめ、「蝶々夫人」などの公演で注目を集めた。