音楽ストリーミングサービス・Spotifyは2日、作詞家・作曲家・プロデューサーくくりで楽曲を紹介する新プレイリストシリーズ「Works」をスタートした。

【写真】秋元康、つんく♂らWorksシリーズアイコン

 初回は秋元康、阿久悠、いしわたり淳治、亀田誠治、川谷絵音、川村結花、坂本龍一、Chaki Zulu、筒美京平、つんく、冨田ラボ、Nao'ymt、中田ヤスタカ、BACHLOGIC、林哲司、 松本隆の16人が手がけてきた作品を紹介する16のプレイリストを公開。アーティストくくりではなく、作家くくりで新たな音楽の楽しみ方を提供する。

 いしわたり氏は「音楽性や時代性の垣根を超えて長く活動している作詞家・作曲家・プロデューサーのプレイリストをきっかけに音楽の聴き方が広がるのは素敵なことだと思います。その中の一人に選ばれたことはとても光栄です」と喜び、亀田氏は「ストリーミングは、時代の横軸と世代の縦軸をなだらかにつなぐ音楽の玉手箱だ」とコメントしている。

 今後も本プレイリストシリーズを随時更新し、音楽シーンを彩ってきたクリエイターとその作品を紹介する。