青森出身の歌手・吉幾三が9月12日に配信限定リリースし、「一体何を言っているのかさっぱりわからない!」と話題の全編津軽弁ラップ「TSUGARU」のミュージックビデオ(MV)がYouTube公開2週間で200万再生を突破した。この反響を受け、10月30日に急きょCDリリースされることが決定した。

【動画】理解不能と話題…吉幾三の全編津軽弁ラップ「TSUGARU」MV

 吉が作詞・作曲・編曲を手掛けた「TSUGARU」は、何気ない日常の出来事や会話を全編津軽弁で歌ったもの。津軽弁がわかる人が聴けば大爆笑だが、それ以外の人が聴くと全く理解不能で、ワイドショーやSNSで連日話題に。ついにはYouTubeのMV再生数が200万回を超え、本人も「何がなんだかさっぱりわからない」状態でCD化が決定した。

 CD版「TSUGARU」は“オリジナルバージョン”のサブタイトルが付けられており、具体的には明かされていないが、どうやら配信限定版の「TSUGARU」とは異なるとのこと。吉は「別にCD化しなくたっていい!と言ったのに、レコード会社が! 勝手に出すって!! まっ、ひとつヨロシクって感じ!??」とのコメントを寄せている。