11月1日に東京・Hareza(ハレザ)池袋のホール棟1階に誕生するライブ劇場「harevutai」(ハレブタイ)の開業に先駆け、業界関係者を招待した内覧イベントが10月1日、開催された。関係者によると、内覧イベントとしては異例の来場予約が殺到し、収容人数500人の会場を埋め尽くす盛況ぶりとなった。

【写真】「harevutai」外観、配信ルームなど内覧会フォト

 劇場を運営するポニーキャニオンは「『人生で最高の晴れ舞台の一幕を』をテーマに、未来を担う多くのアーティストを輩出するライブ劇場を目指す」とし、劇場名「harevutai」の「v」には、visual(視覚)、voice(音声)、vr(仮想現実)、variety(多様性)、vivid(躍動的)などの意味を込めた。

 最新のライブ劇場設備(音響・照明・映像)のほかにも、CGライブなどが実施可能な透過スクリーンや、YouTubeなどの配信サイト向けライブ配信設備を常設。最新鋭の技術が詰まった「未来型」ライブ劇場となっている。

 内覧イベントでは、人気Vtuberで11月5日に同所でライブを行うKotone(天神子兎音)、今冬1stアルバムを発売予定の3人組バンドAFRO B@NK、10月23日にポニーキャニオンからデビューシングル「はじめてのかくめい!」を発売する声優8人組ユニットDIALOGUE+(内山悠里菜、稗田寧々、守屋亨香、緒方佑奈、鷹村彩花、宮原颯希、飯塚麻結、村上まなつ)の3組がライブパフォーマンスを披露した。

 ステージ全体を覆う大型のLEDスクリーンや、3DホログラムによるCGライブが可能な透過スクリーンなど最新鋭の映像技術や機材を駆使。この規模のハコとしては異例のハイスペックな音響と照明機材を兼ね備えており、『harevutai』の可能性を業界関係者にプレゼンテーションした。

 11月1日のオープン以降は、人気動画クリエイター・Fischer’sによるこけら落とし公演を皮切りに、オープニングフェスを開催。イケメン役者育成ゲーム『A3!』のスペシャルコンテンツ、テレビアニメ『ダイヤのA actII』のファンクラブイベント、新作アプリ『CUE!』の新人声優16人のミニライブイベントなどが目白押しとなっている。