1985年~86年にかけて放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』の前期オープニングテーマ「Ζ・刻をこえて」を歌った鮎川麻弥、後期オープニングテーマ「水の星へ愛をこめて」を歌った森口博子のデュエットによる初シングル「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」(23日発売)のアートワークが公開された。

【写真】森口博子×鮎川麻弥 初コラボシングルジャケット

 今作は9月17から全国のパチンコパーラーに導入されているSANKYO『フィーバー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の搭載曲として、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をモチーフに制作された新曲。ガンダムソングの実力派ディーバ、森口と鮎川がスリリングなコンビネーションで歌い上げる。

 CDジャケットはアムロ・レイとシャア・アズナブル、そしてνガンダムとサザビーが描かれた『フィーバー 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のキービジュアルを採用。そして、2人のアーティスト写真は“赤い彗星 シャア・アズナブル”をイメージし、深紅のベルベットをバックに、二律背反する主人公たちの宿命を思わせるかのような構図で撮影された。

 2018年にNHKで放送された『発表!全ガンダム大投票』のガンダムソングランキングでは、森口が歌う「水の星へ愛をこめて」が1位、「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」が3位、鮎川が歌う「Ζ・刻をこえて」が9位にランクインするなど、ともにガンダムファンから圧倒的な支持を得ている。