女優の沢口靖子が2日放送のテレビ朝日系『あいつ今何してる?』3時間スペシャル(後7:00~9:48※一部地域を除く) に初出演。沢口のオーディション当時やデビューの前後などの秘蔵映像や写真もたっぷり集め、デビュー秘話や驚きの“沢口伝説”から知られざる素顔に迫る。

【画像】アニメ『クレヨンしんちゃん』にも声優出演

 有名人の学生時代の同級生が今何をしているかを取材し、知られざるエピソードとともにまだ見ぬ素顔を掘り起こすバラエティー。ゲストと卒業アルバムを見ながら打合せし、スタッフが音信不通となっているゲストの懐かしい同級生の“今”を調査。VTRで驚きと感動の再会を実現させる。

 大阪府堺市出身で、高校3年生だった1984年に、第1回「東宝シンデレラ」で3万人を超える応募者の中からグランプリに選ばれ、同年に映画デビューを果たした沢口。それ以降、さまざまな映画やドラマで幅広い役柄をこなし、華々しい実績を築き上げてきた。中でも、主演を務め、自身の代表作とも言える『科捜研の女』(秋シーズンは17日スタート、毎週木曜 後8:00~8:54)は、今年で20周年を迎え、現在も女優として大活躍中。

 今回、沢口が会いたいと名前をあげたのは、幼い頃から高校時代までいつも仲良く過ごしてきた大親友。芸能界を人生の選択肢として自分では考えたことのなかった沢口が、女優としてデビューし、活動することができたのは、その“親友のおかげ”だったと言う。

 その親友から、第1回「東宝シンデレラ」オーディションへの応募を勧められたのがきっかけで芸能界入りとなった沢口だが、実は応募するまでかなり綱渡りだったとか!? 今回の再会では、グランプリ受賞を機に上京し、女優として活躍の場を広げてきた沢口と、親友がそれぞれ秘めていた思いを互いに知ることになる。37年の時を経て、親友が実は人知れず抱えていた、沢口のデビューにまつわる本音とは!? その本音を初めて聞いた沢口の目からは、涙があふれて出て…。親友が密かに手元に残していたもの&集めていたコレクションも公開される。

 沢口がもう1人“気になる”と名前をあげたのは、小学校高学年の時に同じクラスで意気投合したという同級生。当時は交換日記もするほど仲が良く、深く思い出に刻まれているものの、小学校を卒業してからは1度も会っていない彼女と、約40年ぶりに再会を果たす。同級生のこれまでの人生をひも解いていくと、思いもよらぬ悲劇に見舞われていたことが彼女の口から語られ、彼女が直面した大きな悲しみに心揺さぶられた沢口は、ここでも涙。

 後日、かつて沢口と通っていた小学校の校舎を訪れた同級生は、沢口がお姉さんのように慕っていたという恩師とも合流。先生に沢口について聞いてみると、明るくおしゃべり好きで、話が止まらなかったという、沢口の素顔を続々と暴露する。さらに、地元で語り継がれてきたという沢口の伝説的なエピソードとは!?

 このほか、同局の『ザワつく!金曜日』(毎週金曜 後7:00※4日の放送は3時間スペシャル)に出演する長嶋一茂が3度目の出演。学生時代、寮生活を共に送った同級生と先輩を取材し、当時を振り返る。もう1人、長嶋が人生で“最もつらかった時期”だったと語る立教大学野球部時代に、厳しい上下関係のある体育会系にもかかわらず、叱ることは一切なく、とても優しく接してくれた人格者だったと振り返る先輩も登場する。

 「名門校の天才・奇才は今何してる?」のコーナーでは、神奈川の名門男子校・サレジオ学院から超奇才卒業生が登場。スタジオゲストとして、松重豊、北川景子、トリンドル玲奈、吉村崇(平成ノブシコブシ)が出演する。