女優の松坂慶子が、テレビ朝日系木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(10月17日スタート、毎週木曜 後9:00~9:54※初回は15分拡大)の第1話にメインゲストとして出演することが明らかになった。

【写真】市村正親、ユースケ・サンタマリアら新キャスト

 松坂が演じるのは、東帝大学病院の食堂で働くおばちゃん・岩田一子。下町の生まれらしいきっぷの良さと人柄で、食堂を明るく切り盛りしていた。医師や看護師たちに対し、母親のような懐の深さを見せる一方、病院にやってきた新副院長のニコラス丹下(市村正親)の優しさに心をときめかせる、乙女のような一面も。

 包容力とチャーミングさを兼ね備えた松坂にとって、まさにうってつけの役どころだ。監督からは「下町生まれであっけらかんとした女性」というイメージで、と言われたという松坂。どんな食堂のおばちゃん像を体現してくれるのか、期待が高まる。

 かねてから『ドクターX』の大ファンだったと話す松坂。「米倉涼子さんが演じる大門未知子のキャラクターがとても素敵だし、出演されている俳優さんが皆さんうまい」と、これまでのシリーズを見てきた感想を語る。その上で「第1話のゲスト…プレッシャーですよー!」と、告白。「これまでの皆さんのお芝居を見てきているので本当に責任重大だなぁと思っているんです」と、明かしていた。

 第1話では、体が丈夫で元気が取り柄だった一子に、突然、“肺塞栓症”の疑いが浮上。居合わせた未知子はさらなる精密検査の必要性を訴えるが、ニコラス丹下が推し進めるAI診断に則り、一子は手術台へと上げられてしまう…。

 失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子が第1話で対峙するのは、現代の最新医療テクノロジー。未知子はAIを相手に、どんな戦いを見せてくれるのか。